遺言・相続

◆相続について◆ ◇遺言について◇

‰Æ‘°3

  1. 相続が発生した場合                                                ①相続人による話し合いと合意に基づいた相続財産の承継(遺産分割協議)、 若しくは ②法律に定められた相続分の相続財産の承継(法定相続)                    のいずれかの方法により相続財産が承継されます。                財産の承継とは言いますが、相続放棄や限定承認といった亡くなられた方の債務を承継 しない方法を採ることもできます。(後述するように遺言による財産承継もあります)
  2. 相続財産の名義変更が必要な場合、相続財産を円滑に承継したい場合(相続財産承継の委任契約)等、当事務所にご相談ください。
  3. 相続人の確定から各相続人の財産承継までサポートさせていただきます。

 

➡財産を遺されるあなたのお考えを相続財産の承継に反映することも可能です       

③遺言による財産承継

ex. 夫婦の間に子供はいないので、妻に全財産を渡したい。両親はもう亡くなっているが、疎遠になった弟はいる。何もしなくても大丈夫か。

ex. 長男に家業を継いでもらい、土地建物も全部渡したい。親族は他に妻、次男、長女がいる。どうすればよいか。

 

生前にあなたの財産の行き先を意思表示しておきましょう

➡遺言書の種類は、自筆証書・公正証書・秘密証書等がございます。

➡ご依頼者様の意思に沿った最善の遺言書を作成できるようサポート致します。    

報酬基準といたしましてはこちらに記載してありますのでご参照ください。

お気軽にお問い合わせください。お問い合わせ、ご質問はこちら

PAGETOP